脱毛美容家電の種類と効果

レーザータイプ

   脱毛器として、抜くタイプよりも効果を出し痛みの少ないのが、焼くタイプです。こちらの種類の製品は数が少なく、最近登場した脱毛器のタイプです。熱で焼き切る仕組みとなっており、脱毛器のヘッドにある熱線に触れた毛が、焼かれて除去されるようになっています。

 半永久的に脱毛するとなると、レーザータイプの脱毛器があります。これは、毛のメラニンにレーザーを照射し、熱を加えて毛にダメージを与えて、生えにくくしていく仕組みです。
 同じ仕組みの脱毛器として、光タイプもあります。熱を加えるので、ゴムで叩かれたような弱い痛みは発生しますが、毛を抜くよりも痛みは少ないです。

 レーザータイプは、1回照射しただけでは、毛が完全に脱毛しません。毛には、休止期、成長期、退行期という周期があり、レーザー照射時は、成長期の毛のみ除去することができます。そのために、休止期の毛が生えてくるので、脱毛するときは、数週間に1回レーザー照射します。
 これによって、照射するたびに、どんどん生えてくる毛が少なくなり、やがて脱毛して、その部位の毛は生えなくなります。2回目の照射から、脱毛の効果を実感できたという方が、多いようです。レーザー出力が高いほど効果的ですが、その分痛みも増します。